FC2ブログ


   Happy Slow Life
   
  >> ホーム
  >> RSS
マサト
Author:マサト
ども。このサイトはごくごく普通の人の普通の生活日記です。益もなければ害もありませんがヨロシクです。
たま~にYさんも書き込みしてます。
リンクのトップページに自己紹介してますので、そちらもヨロシクです。

カテゴリ
Mの日記(482)
Yさん日記(18)
サッカー(90)
音楽(36)
映画(176)
YAMA BOOKS(55)
PFS的House(23)
過去の記事
2015月07月 (1)
2015月06月 (3)
2015月05月 (6)
2015月04月 (1)
2015月03月 (5)
2014月06月 (2)
2014月04月 (2)
2014月03月 (4)
2014月02月 (2)
2014月01月 (2)
2013月10月 (3)
2013月09月 (2)
2013月08月 (9)
2013月07月 (2)
2013月06月 (4)
2013月05月 (12)
2013月04月 (5)
2013月03月 (6)
2013月02月 (2)
2013月01月 (4)
2012月12月 (6)
2012月11月 (2)
2012月10月 (7)
2012月09月 (6)
2012月08月 (7)
2012月07月 (9)
2012月06月 (11)
2012月05月 (7)
2012月04月 (5)
2012月03月 (6)
2012月02月 (1)
2012月01月 (3)
2011月12月 (8)
2011月11月 (7)
2011月10月 (10)
2011月09月 (5)
2011月08月 (9)
2011月07月 (10)
2011月06月 (11)
2011月05月 (7)
2011月04月 (3)
2011月03月 (4)
2011月02月 (7)
2011月01月 (4)
2010月12月 (3)
2010月11月 (3)
2010月10月 (7)
2010月09月 (7)
2010月08月 (4)
2010月07月 (2)
2010月06月 (2)
2010月05月 (8)
2010月04月 (5)
2010月03月 (6)
2010月02月 (3)
2010月01月 (6)
2009月12月 (4)
2009月11月 (2)
2009月10月 (2)
2009月09月 (7)
2009月08月 (3)
2009月07月 (5)
2009月06月 (7)
2009月05月 (8)
2009月04月 (6)
2009月03月 (3)
2009月02月 (5)
2009月01月 (9)
2008月12月 (11)
2008月11月 (11)
2008月10月 (6)
2008月09月 (12)
2008月08月 (10)
2008月07月 (8)
2008月06月 (7)
2008月05月 (11)
2008月04月 (5)
2008月03月 (8)
2008月02月 (9)
2008月01月 (11)
2007月12月 (9)
2007月11月 (13)
2007月10月 (8)
2007月09月 (14)
2007月08月 (12)
2007月07月 (13)
2007月06月 (12)
2007月05月 (11)
2007月04月 (11)
2007月03月 (13)
2007月02月 (8)
2007月01月 (11)
2006月12月 (12)
2006月11月 (5)
2006月10月 (9)
2006月09月 (12)
2006月08月 (5)
2006月07月 (10)
2006月06月 (7)
2006月05月 (4)
2006月04月 (9)
2006月03月 (9)
2006月02月 (8)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (15)
2005月10月 (8)
2005月09月 (12)
2005月08月 (22)
2005月07月 (16)
2005月06月 (16)
2005月05月 (16)
2005月04月 (22)
2005月03月 (26)
2005月02月 (15)
2005月01月 (6)
リンク
HappySlowLife トップページ
浮き輪がゆく・・・・
Both Side Nail
PacificFurnitureService
管理者ページ
サイト内検索
 「地平線の相談」

「地平線の相談」
細野晴臣 星野源


ボクの大好きなお二人。
ノンビリと毒吐く感じが素敵です。

本のジャケットは、
言わずもがなの、アルバム泰安洋行のジャケットデザイン!
素敵過ぎですっ!!!!!
スポンサーサイト
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/30(月) 20:54)

 「かくかくしかじか」

「かくかくしかじか」
東村アキコ


本人の漫画家になる自伝漫画です。
笑えて、そして泣ける。
娘が丁度、美術に興味が出てきたので、
美大に全く疎いボクも楽しく読めた。

う~ん、、、娘はどの道に進むのやら。

兎に角、面白かった!



YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/03/30(月) 20:47)

 広告の本音?
「アイデアの直前」岡 康道

言わずと知れたTAGBOATのクリエイティブ・ディレクターの岡 康道。
広告業の仕事をしてる身として、非常に共感できる事が多かった。
クライアントの担当から上司へと修正が入る度に最終の出来上がりは
無敵の”平凡な広告”の出来上がり。
↑凄く分かる!!!!
ボクはデザイナーでもないし、コピーライターでもないので、
デザインに関しては、方向性は口だすけど、ある意味、他人任せ的存在。
いつかは、ボクも無敵の平凡な広告じゃない、
人の気持ちに残る広告を残してみたいものだ。

この岡さんのエッセイは、広告業のホンネ。
逆に大御所アートディレクターのS氏の本は理想とタテマエ。
といっても、出れば必ず買って読みますけどね。

YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/19(日) 16:09)

 村上春樹 新作
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹

発売日に買って、じっくりと時間に余裕のある時に読んで、
やっと読み終えました~。

前作の「1Q84」は、暗く重いストーリーだったので、
今作は、割に明るく前向きなストーリーでしたね。
ちょっと今までの村上春樹作品とは違った感じがして、
カズオ・イシグロ氏の作品のような感じがしましたね。

時間を空けて、また読み直そうっと。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2013/05/11(土) 17:09)

 「海獣の子供」

「海獣の子供」五十嵐大介

ずっと気になっていた漫画。
知ったときは3巻くらいで連載中だったので、買うのを躊躇してました。
先日やっと5巻が出て完結ということで早速5冊大人買い。

感想は、
も~凄い迫力です。
4巻5巻あたりからは、もう理解不能になりながらも、
勢い迫力だけで(実際文字がない。。。)終わっちゃいました。
3回読んだけど、本当に理解してるかどうか。。。
ナウシカや千と千尋やスラムダンクの終盤のような勢い!
圧巻です。

とても漫画とは思えない画力に、ストーリー。
逆に漫画だからこそ描けたのかな?

YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/09/28(金) 22:28)

 「森山中教習所」

「森山中教習所」真造圭伍

久しぶりに面白い漫画に出会いました。
これがデビュー作みたいですね。
ヘタウマな作画に哀愁・郷愁感たっぷりなストーリー。
松本大洋の「花男」を読んだ時のような感覚になった。
新作も出たみたいなので、こちらも読んでみようっと。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/08/15(水) 08:37)

 モーリス・センダック

ちょっと前になりますが、
絵本作家のモーリス・センダックさんが亡くなりました。

子供時代は全然、知らなかったけど、
娘が誕生して、絵が特徴的で怖いけど、名作なんだ~と
「かいじゅうたちのいるところ」本屋さんで発見して、
以来、娘と毎夜読み聞かせした思いである本です。
「まよなかのだいどころ」も好きな絵本ですね。

ご冥福をお祈りいたします。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/21(月) 21:03)

 「宇宙兄弟」

今更ですが、「宇宙兄弟」にドップリとハマりました。

1巻からイッキ読み。
面白い!!!!!!!
そして、映画も映像見る限り期待できそう!!!!

車の中の音楽は主題歌のコールドプレイのヘビロテです。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/05/02(水) 00:36)

 「TooLs」

「TooLs2012 REAL STUFF for FUTURE CLASSICS」
待ちに待った第2弾。
先日、出版記念レセプションに
代官山の蔦谷に行ってきました。

いや~今回も、カッコいいギアだらけ。
我が家好みのギアだらけ。
紙質、デザイン、レイアウト全ていい。

そんなTooLsの展示会が代官山の蔦谷で
「暮らしの道具展」が9日間限定で開催されてますよ。
実際に掲載されてるギアの販売もされてます。
http://tsite.jp/daikanyama/

そういえば、そのレセプションで
P.F.Sさんの社長さまにお会いして、緊張したな。
家建ててもらってるけど、社長さまとは話した事がなかったんで。。。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/03/18(日) 08:28)

 BRUTUS

買ってまうやろ~(笑)

スターウォーズ特集!

表紙のデザインもカッコいいしっ!

惚れてまうやろーーーーー!!!
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/10/05(水) 21:19)

 「うみべのまち」佐々木マキ

小学生だったボクはカッコつけて物語は全く理解できなかったが村上春樹を読んでた。
その表紙には佐々木マキさんのクールなイラストが必ずあった。
それから意識もせずに過ごし、子供が産まれ親になってから、
佐々木マキさんの絵本がある事を知り、貪るように買い漁りました。
本当に大好きなイラスト、絵本です。

そんな佐々木マキさんの初期の漫画の編集本(漫画を描いてたのもビックリ!)
「うみべのまち」
ガロに掲載されてた漫画もあり、前半の漫画はあまりに前衛的過ぎて
全く理解不能な世界観!(笑)
こんな佐々木マキさんの世界もあっての今なんだなと再発見。

佐々木マキさんのイラストが大好きです。

YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/07/24(日) 07:23)

 1ヶ月が過ぎて
家の前にYAMA BOOKSなる
古本市を開店させてから、早1ヶ月。

まだ平日にちゃんと出すことも出来てなく
友人、近所の幼稚園ママさんにも紹介出来てない状態ですが、
4冊ほど、売れました!

1冊は、幼稚園ママが買って行ってくれて、
あとの3冊は、近所の方がたぶん買って行ってくれたんだと思う。

素直に嬉しいですね~~!!!
金額がどうのという事よりも、
ボク等が表現したい事をどこかの誰かに
伝わった事が本当に嬉しい。

本の在庫も、雑誌も含めて40冊ほどに。
まだまだ、頑張ろうっと。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/07/16(土) 22:56)

 犬と猫

天気いい日にソファに横たわり、
ボーーーっと読むのにピッタシな本。

あたまのなかにある公園 糸井重里著

この本のなかで、誰もが犬と猫を間違わないのはなぜ?
定義が詳しく知ってる人はいないのに、なぜだろう?
って書いてましたが、確かに似てるけど
本当になんで分かるんだろうか?

犬と猫
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/07/14(木) 22:36)

 「ボブとゆかいな仲間たち」

YAMA BOOKSなるお店を勝手に家の前で開店させてしまったので、
本もキチンと紹介していかないとね。売るかは別としてね。

「ボブとゆかいな仲間たち」パンチョ近藤

これは、最近運命的な再会をした漫画。
もう20年前くらいになるのかな~
ボクが浪人時代に救われた漫画。
打てない・守れない・黄金の家畜と呼ばれた
メジャーリーグ最低の4番打者ボブ・ホフマン
この漫画が復刊。さらにワールドシリーズ編として新刊。
もう最っ高ーーーーーーーーーーーに笑えます。
決して電車の中では読まないで下さい。ボクは周りから白い目で見られてましたから。
この漫画好きな人は友達になれそうです。
それ位、このボブが大好きな漫画です。


YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/14(火) 07:24)

 YAMA BOOKS開店

ずっと考えていたコト

我が家は家族全員が沢山の本を読む。
勿論、買うときもあれば、図書館で借りて読むことも。
買った本が全部面白く、棚に飾れればいいんだが、
残念ながら年を重ねるうちに趣向もかわってくることも。

で、今まではまとめて●●●オフとかに売ってたんだけど、
行く度にあまりの値段に後悔ばかりしてた。
好きで買った本が、それなら売りたくないような可哀想な金額で
売り飛ばすのが、心苦しかった(仕方ないけどね)

で、やろうやろうと思っていて、
やっと看板も手作りして、構想3年、製作2日。
”YAMA BOOKS”なる古本屋を開店させました!!!
場所は我が家の入り口前、本の在庫は20冊ほど。。。
人通りは多くないので、いつ売れるかは分からないけど、
本の価値を分かってくれる誰かに、本を譲りたい。
この気持ちがキッカケで、始めます。

店名のサブタイトルには、second hand bookstoreと
古本屋を意味する表記をいれてます。
セカンドハンドって、英語表記すると素敵な言葉ですな。

営業日は、週末のボク等が家にいる時のみ。
勿論、店頭にはボク等はいないので、
無人でお代はポストに入れてもらう、善意システムです。
パクられても、それはそれで悲しいけど、仕方ないと思ってます。
本好きを信じて。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/06/12(日) 23:36)

 「FLAT HOUSE style」

イラストレーターのアラタ・クールハンドさんのフリーペーパー。
書籍でも出てましたが、定期刊行物としてフリーペーパー発行したよう。

”FLAT HOUSE”とは平屋の事。ここでは米軍ハウスを言ってます。
我が家は恵比寿にあるパシフィックファニチャー・サービスで
デザインしてもらってるので、この辺のデザインは我が家に通ずるモノがある。
シンプルで無骨で工業的なデザインが沢山残ってた時代。羨ましい。

この中で、著者が言ってた本離れ。
ただインターネットが発達したからの理由ではなくて、
雑誌自体の魅力や求心力が無くなっている!と嘆いてた。
ボクも最近購読している雑誌が少ない。

こういった著者の嗜好が全面に出てる雑誌が
増えると楽しいんだけどな~。



YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/06/05(土) 22:13)

 「1Q84 Book3」村上春樹

発売当日に買って、やっと読み終わりました。
感想は、Book1・2の謎が解けスッキリって感じ。
1・2では感じなかったけど、3を読んでみての感想は
純愛小説だったんだな~と。
3でも、村上節?の音楽や食べ物の表記は少なかったけど、
引き込まれるパラレルワールド。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/05/02(日) 07:32)

 本・本・本

久しぶりに本をまとめ買い。

「ベランダはじめました」平澤まりこ
小さなベランダを愉しむアイデアノート。
いいですね~この本。
お金を掛けずとも楽しめる方法が沢山ある。
ベランダ生活がより楽しめそう!

ず~~~っと買おう買おうと思って買わなかった3冊

「STANDARD TRADE.の仕事」渡邊謙一郎
パシフィックファニチャーを独立され10年経ったスタンダードトレードの本。
実際行ったこともないのですが、気になるお店のひとつ。
インテリア本というより、仕事に向かう気持ちが示された本。
楢材にこだわった家具作り。なるほど~パシフィックファニチャーとは
似ているようで似てないんだな~と実感。
独立するって、今までの経験+αのこだわりを表現しないとイケナイんだと感心。

「MAKING TRUCK」TRUCK FURNITURE
ここも気になるショップのひとつトラックファニチャー。
関東ではなかなか実際の家具を目にする事がないので、
本でしか見たことがない。一度だけ展覧会を見に行った事があるけど
印象的には無骨なんだけど女性的やさしさを感じた記憶。

「An Intimate Look at Jazz Giants」パノニカ・ドゥ・コーニグズウォーター
ジャズミュージシャンに3つの願いを聞いた本。
ま~ジャズの巨人300人!(これだけの人にインタビューできるこの著者もスゴイ!)
のインタビュー本。これがジャケでは知らなかった表情や粋なコメントでカッコいい!
特にマイルズ・デイビスの「俺の願いだって?白人になることさ」等、
その時代を生きたジャズという位置にもふれることができる本。素敵。

他にも「東京てくてく散歩」やサッカー・絵本と買いました。満足!

YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/03/20(土) 20:36)

 ノンフィクション

最近読んだ2冊をご紹介。

「任天堂 驚きを生む方式」
言わずと知れた任天堂のDSとWiiを生んだ新社長体制と
あまり語られる事のない経営方針。
小学生の頃から大好きだった任天堂伝説は面白かったですね。
有名な修理話も素晴らしく、実はボクも経験あるんです。
小学5年の頃、まだファミコンのボタンが四角のゴムだった時代に
ゴムが切れてしまい修理を量販店にお願いしたら2週間くらいかかると言われ、
ゲーム盛りのボクには我慢できずに直接、
東京の任天堂に持ち込みに行きました。(勿論チャリンコで)
受付の対応はやはり量販店と同じく2週間くらいという話をしてたら、
奥からいかにも町工場のおじさん的な人が出てきて、事情を話すと、
ボタンならすぐに直してあげるよと言って15分。
修理してくれたのは、なんとなんと!まだ発売直後の丸ボタンのプラスチックボタン!
「これなら、もう切れないし、連射できるぞ~」と自慢げに語ったおじさんが未だに忘れられない。
素敵なエピソードです。


「たのしい写真」 ホンマタカシ
写真の歴史。写真の見かた。
ちょっと難しかったけど面白かった1冊。
また最近、カメラにハマッてしまいました。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/09/14(月) 22:39)

 「1Q84」村上春樹

ボクの大好きな作家である村上春樹氏の新作「1Q84」

入院してる時に、じっくり読むことができました。
詳しい内容には触れませんが、村上さんは「アンダーグラウンド」での事を
善悪を肯定も否定もせずの難しい題材の小説を
描きたかったんだろうな~という勝手ながらボクの感想。
いつもの村上ワールド炸裂!って感じの小説ではなかったですね。
音楽、料理の描写が大好きなのですが、今回は控えめなのも。。。
また少し時間を置いて、読み返したいと思ってます。

なので、ボクの村上春樹ベスト3は変わらず
「羊をめぐる冒険」
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「海辺のカフカ」

ですね。
YAMA BOOKS | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/07/28(火) 22:31)

次のページ
最近のエントリー

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(07/07)
何方かコイツを知りませんか?(06/17)
オリジナリティ溢れるソフト(06/15)
「旅は、人を幸せにするのか?」(06/03)
”おいしい葡萄の旅”(05/28)
スパイスボーイズ(05/20)
初の体育祭(05/17)
ジャングル部屋(05/12)
お米(05/07)
オーストラリア産(05/07)
「暗殺教室」(04/07)
旅 宮島 (03/30)
「地平線の相談」(03/30)
「かくかくしかじか」(03/30)
「イミテーション・ゲーム」(03/20)


最近のコメント

かぴさん:(03/03)
まゆみ:相互リンク(01/23)
マサト:Re: タイトルなし(12/07)


最近のトラックバック

おまとめブログサーチ:【ハンニバル】についてブログでの検索結果から見ると…(06/01)
Newsエンタメ/デジタル: 南沢奈央は体育会系?初写真集で元気いっぱいスポーツに挑戦(11/05)
サッカーFC事典:(10/02)


Copyright © 2004 Happy Slow Life. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア