FC2ブログ


   Happy Slow Life
   
  >> ホーム
  >> RSS
マサト
Author:マサト
ども。このサイトはごくごく普通の人の普通の生活日記です。益もなければ害もありませんがヨロシクです。
たま~にYさんも書き込みしてます。
リンクのトップページに自己紹介してますので、そちらもヨロシクです。

カテゴリ
Mの日記(482)
Yさん日記(18)
サッカー(90)
音楽(36)
映画(176)
YAMA BOOKS(55)
PFS的House(23)
過去の記事
2015月07月 (1)
2015月06月 (3)
2015月05月 (6)
2015月04月 (1)
2015月03月 (5)
2014月06月 (2)
2014月04月 (2)
2014月03月 (4)
2014月02月 (2)
2014月01月 (2)
2013月10月 (3)
2013月09月 (2)
2013月08月 (9)
2013月07月 (2)
2013月06月 (4)
2013月05月 (12)
2013月04月 (5)
2013月03月 (6)
2013月02月 (2)
2013月01月 (4)
2012月12月 (6)
2012月11月 (2)
2012月10月 (7)
2012月09月 (6)
2012月08月 (7)
2012月07月 (9)
2012月06月 (11)
2012月05月 (7)
2012月04月 (5)
2012月03月 (6)
2012月02月 (1)
2012月01月 (3)
2011月12月 (8)
2011月11月 (7)
2011月10月 (10)
2011月09月 (5)
2011月08月 (9)
2011月07月 (10)
2011月06月 (11)
2011月05月 (7)
2011月04月 (3)
2011月03月 (4)
2011月02月 (7)
2011月01月 (4)
2010月12月 (3)
2010月11月 (3)
2010月10月 (7)
2010月09月 (7)
2010月08月 (4)
2010月07月 (2)
2010月06月 (2)
2010月05月 (8)
2010月04月 (5)
2010月03月 (6)
2010月02月 (3)
2010月01月 (6)
2009月12月 (4)
2009月11月 (2)
2009月10月 (2)
2009月09月 (7)
2009月08月 (3)
2009月07月 (5)
2009月06月 (7)
2009月05月 (8)
2009月04月 (6)
2009月03月 (3)
2009月02月 (5)
2009月01月 (9)
2008月12月 (11)
2008月11月 (11)
2008月10月 (6)
2008月09月 (12)
2008月08月 (10)
2008月07月 (8)
2008月06月 (7)
2008月05月 (11)
2008月04月 (5)
2008月03月 (8)
2008月02月 (9)
2008月01月 (11)
2007月12月 (9)
2007月11月 (13)
2007月10月 (8)
2007月09月 (14)
2007月08月 (12)
2007月07月 (13)
2007月06月 (12)
2007月05月 (11)
2007月04月 (11)
2007月03月 (13)
2007月02月 (8)
2007月01月 (11)
2006月12月 (12)
2006月11月 (5)
2006月10月 (9)
2006月09月 (12)
2006月08月 (5)
2006月07月 (10)
2006月06月 (7)
2006月05月 (4)
2006月04月 (9)
2006月03月 (9)
2006月02月 (8)
2006月01月 (10)
2005月12月 (13)
2005月11月 (15)
2005月10月 (8)
2005月09月 (12)
2005月08月 (22)
2005月07月 (16)
2005月06月 (16)
2005月05月 (16)
2005月04月 (22)
2005月03月 (26)
2005月02月 (15)
2005月01月 (6)
リンク
HappySlowLife トップページ
浮き輪がゆく・・・・
Both Side Nail
PacificFurnitureService
管理者ページ
サイト内検索
 ダフト・パンク
ちょっと前のネタにるけど、
2014年のグラミー書で、賞を総嘗めしたダフト・パンク
を、子供たちと一緒にCDを聞きまくってます。
CD買うのは、本当に久しぶり。(レコードは別)

しかも、グラミー賞では、なんと!!!!!!
ダフト・パンクとスティビー・ワンダーがコラボっちゃってます!!!
ヤ ヤ ヤバすぎる!!!!!!!!!
カ カ カッコいい!!!!!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=RSaTCcb2eXI
スポンサーサイト
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/03/01(土) 10:27)

 アナログ

ここ最近、宇田川のDMRのレコード取り扱い中止や
WAVEの閉店と、音楽業界の不況が深刻ですね。

デジタルになった時から、こういった状況は
ある程度、予想できる状況でしたね。
音楽をダウンロードして、イヤフォンで聞く人が増えてるので。

ボクはといえば、レコード(アナログ)。
しかもここ数年、憧れだったレア盤の価格が半値近く下落していて、
当時欲しくても買えなかったレア盤がオリジナル盤で買える様になってきた。
CD、ITUNEでは、オリジナル盤なんてない感覚でしょうね。

未だにコツコツと、レコード買ってます。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2011/08/14(日) 08:37)

 極上の2枚

「Luminous Halo」 Port of Notes
待望の4thアルバム。ボクの大好きなポートオブノーツ。
しかもプロデューサーにはあの!ノラ・ジョーンズのジェシー・ハリス!
いつもの音とはまた違った心地いい音にまたまた癒されました。


「sings MJ」 bonito
ポートオブノーツ絡みでもう1枚をご紹介。
bonitoこと小池龍平のソロアルバム。
この人はポートオブノーツのサポートギターとしても有名な人。
そして題名にもあるMJとは言わずもがなマイケル・ジャクソン!
のカバー(あまりにカッコいいのでカバーとは言いたくないんだけど)
1曲目の”BAD"から炸裂するパーカシッブなギターはドカッコいい!!の一言!
美しいメロディに、カッコいいギター1本のシンプルな音に癒されます。

今回の2枚は本当にいい音楽ですよ、おススメです!

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/01(火) 23:27)

 大名盤ゆえ!?

このアルバムを紹介するのも恥ずかしいくらい大名盤の「Songs In The Key of Life」
言わずもがなスティービー・ワンダーの初期の頃の大大大名盤ですね。

言うのも恥ずかしいくらいですが、ボクこのアルバム聞いたことなかったです。。。勿論、スティービーワンダーの他のアルバム、ベスト盤、いっぱい持ってます。このアルバム当たり前すぎて、持って聞いてるものだとばかり思ってました。先日、ラジオで”Another Star”という曲が流れてきて、ボクの知ってるバージョンと違うな~と思って聞いてたら、声がスティービーワンダーなのに気づいたんです。んっ!?カバーか?とボソッと会社で言ったら若造社員にスティービーワンダーじゃないですか!知らないんですか~って!?小僧ふざけんな!ボクは世代だぞっ!!!!でも、知らなかった。ボクが好きだったこの曲はスティービーワンダーが原曲だったんだ。。。速攻、レコード屋(こういうのは勿論アナログです!)にいって買いました。
”Another Star”カッコいいっっ!!!!!久しぶりに音楽で鳥肌が立ちました。しかも”Isn't she lovely”では、愛娘に捧げた曲に娘の声がサンプリングされていて、ボクの知ってるバージョンとは雲泥の差でした!これ、ボクの人生でスルーしなかっただけでも幸せだ。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/13(土) 23:11)

 Speak No Evil

完璧なジャケ買いです。カッコ良過ぎでしょう~このジャケは!
ブルーノートではお馴染みのブルーカラー写真ですが、
題名を上の真ん中(普通は左上か右上に置きそうですが)に
そして題名にチョイがかりのキスマークっ!!!
流石はリード・マイルスと言いたくなるような素敵なデザインです。

ウェイン・ショーターって、あまり聞いた事なかったんですが、いいですね~。
フレディ・ハバートも元気に吹きまくってるし、ドラムのエルビン・ジョーンズの渋いし、
ハービーハンコックも久しぶりに聞いたな~。素敵なメンバー揃いのアルバムでした。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/11/19(水) 22:56)

 サルバドールからの手紙

サルバドールからの手紙/アンリ・サルバドール
5年前にKOOPがリミックスした”JAZZ SILVER MOON-LIGHT”が好きでよく聞いてた。
その元ネタであるアンリ・サルバドール。やっとやっとCDで買いました。
今年の4月に90歳で亡くなってしまってるんですよね。。。
フレンチボッサ、ジャズなんですかね?兎に角、美しい声に穏やかな音。
あまりフランス物って聞かなかったんですが、素敵の一言です。
毎夜、”JAZZ SILVER MOON-LIGHT”聞いてます。名曲!

最近、レコード針が劣化して全然レコードを聞いてない。
なので、どんどんとCDが増え続けてる。
CD買うなら、とっとと針交換すれば良いんだけど、
ボクは劣化(消耗)して元に戻す行為自体がスキじゃないんで。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/31(金) 22:02)

 「BLUE PLANET」calm


今回も凄い。

calmの音には大地、地球、宇宙といった鼓動の音がする。

言葉にすると、かなり怪しいが本当にそう感じる。

知らない人は聞いてみると分かる筈。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/31(土) 09:50)

 オリジナル盤?再発盤?


待ちに待った復刻盤、クラーク・ボーランの”Music For Small Hours"原盤ではウン十万はするもの。そしてこれもレア盤の復刻、ジャズサンバの最高峰メイレレス&オス・コパ5。どちらも噂通りの好内容でカッコよかった。もう一枚はボビー・ティモンズの”GOT TO GET IT”のオリジナル盤。これは再発盤を持ってたんですが、オリジナル盤を格安でみつけて買ってしまった。。。改めて再発盤とオリジナル盤を聞き比べるとビックリするくらいの音質が違う!原盤至上主義ではないのですが、こう聞き比べちゃうと、、、、、。その当時の空気間というか雰囲気なのか奥行きのある音なんですよね~~。今回買った2枚の再発盤もきっと原盤の音は、、、、、って思う次第でございます。(絶対買えないですけどね)

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/05/25(日) 10:44)

 久しぶりにJAZZネタ

「ROUTINE JAZZQUINTET」
ROUTINE JAZZシリーズのDJ小林径がプロデューサーをした本格的ハードバップ・ジャズ。
もう選曲だけで、ニヤリとするタビー・ヘイズの”Down In The Village”やボビー・ティモンズの”Moanin’”。ブリブリのハードバップ・ジャズ。カッコいい!!!!

「a new perspective」donald byrd
2nd盤を格安で見つけたので購入。ジャケはカッコ良く欲しかった1枚。
メンツもハンク・モブレー、ハービーハンコックにプロデューサーにデューク・ピアソンと期待したんですが、いきなり女性のコーラスから、、、、、、、ジャズもので女性コーラス入りが一時はやったんですかね?コーラス入り、嫌いじゃないんですが、このカッコいいジャケにはバリバリのジャズが似合ってると思うんだけどな~~。でも嫌いじゃないですよ、このアルバム。

「SOUTHAMERICAN COOKIN'」CURTIS FULLER
ジャケだけで欲しかった1枚。カーティス・フラーが南米に行って触発されたボサノバをジャズにアレンジしたアルバム。トロンボーンの野暮ったい音が郷愁漂っていてズート・シムズがバシッと締めていて良いアルバムでした。

「PIKE’S GROOVE」Dave Pike
ボクの大好きなvibesのデイブ・パイク。DJ御用達のジャズロックも大好きですが、きっちりしたジャズをやるデイブ・パイクも好きです。これは86年と最近のモノ。CDで持ったけどオリジナル盤を見つけてしまい購入。セダー・ウォルトンのピアノが美しいっ!
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/03/07(金) 22:07)

 PORT OF NOTES

PORT OF NOTES /BLUE APREGGIO

ボクの大スキなポートオブノーツの10周年記念ベスト版。
ボクのベストなアーティストのベスト盤なので内容はベストにしかならない。
ポートオブノーツの音を表してるかのような素敵なジャケットも素敵。
間違いなく、ボクのマスターピースな1枚。
最近は二人ともソロ活動が多く、ポートオブノーツの活動が少なくなってきてる。
でも改めて聞くと、このユニットだからこそみたいな音は10年経っても色褪せない。
ボクは”You Gave Me A Love"を始めて聞いて衝撃をうけて以来、
今でも頻繁にターンテーブルに置くほどヘビーローテーション。

畠山美由紀さんの歌声に感動し、小島大介さんのアコースティックギターに癒される。
本当にまだ聞いた事のない人がいたら、是非!このベスト盤を買って聞いて欲しい。
素敵な時間が流れますよ!
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/02/07(木) 23:42)

 「ファイブ・スポット・アウター・ダーク」


村上春樹氏の「アフターダーク」という本がある。その中で深夜のデニーズで主人公の女性に話しかける男性の会話の中でトロンボーンが出てくる。そして男性がこのカーティス・フラーの”ファイブ・スポット・アフター・ダーク”という曲を口笛で吹き、彼女も知っているという場面がある。ボクは小説の場面からその曲を探すレコードが結構多い。今回も気になっていて探していた1枚。なんせ、小説の中でのこの曲の評価はどんな曲なのか聞きたい!と思わせる素敵な文章ですよ。(音楽のソムリエですね)
他にも、村上氏の「海辺のカフカ」で最後のほうに森に入る時に少年がジョン・コルトレーンの「マイ・フェイバレット・シングス」を口ずさむ。その神秘的なシーンにこの曲がハマッていて印象に残るシーン。村上春樹氏の本はジャズに限らず色んな音楽が象徴的によく出てくる。本からレコードを探すっていうのも楽しいですよ。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/11/30(金) 23:21)

 風をあつめて

近所のレコード屋のおじさんに呼び止められた!?????と思ったら、この間欲しかったレコードを持って笑ってる。そうボクが欲しかったレコードが先約がいて買えなかったもの。おじさんが覚えていてくれてたみたい。はぴぃえんどの風街ろまん、これに入ってる”風をあつめて”って曲がスキです。アルバム全体から昭和の香りが漂ってます。

今月のTITLEの特集の中で、つじあやのさんがこのアルバムをお勧めしてましたね。TITLEってよく出来た雑誌で読み応えもありちゃんと作ってる雑誌。今回の特集はコーヒー&ミュージック。安易かもしれないけど、アーティストがお勧めする音楽に興味があるので意外な選択もありで楽しかった。レイ・ハラカミさんが「カフェミュージックみたいに不良消化されたくない!もっとジョビンの音楽は凄い!」って言ってましたが、ボクも本当にそう思う。カフェって、ボサノヴァが必ず流れてる、ま~ゆったりした空間にはボサノヴァあうでしょ。でも、だからって聞き流す音楽って訳ではないと思う。もっと真剣にレコードを聞くのもいいですよ。

ボクのお勧めカフェミュージックは、ポートオブノーツ、ブロッサム・ディアリー、チェット・ベイカー、エルジー・ビアンキあたりでしょうか。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/26(水) 22:55)

 鼓童inCCレモンホール
和太鼓集団の”鼓童”のライブを観に、CCレモンホールへ行って来ました。
最近、フジロック出演等で話題になっている鼓童。実は見たことも聞いたこともなかったので観にいく前は正直、日本文芸?お祭り?程度のコトしか期待してなかった。

実際は1曲目から、
スゲッッッッーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
圧倒的なパワーで、呑まれました。和太鼓のアンプ・スピーカーを通さないアンプラグド・ライブ。太鼓の振動が空気を伝わって音の振動がボクの身体にぶつかってくる。もう完全にシビレましたね、これには。太鼓の1叩きごとに振動がすごい。そして太鼓を打つ姿は侍が刀を抜いている様な速さ。全てが新鮮で全てが圧倒的なパワーでした。そう圧倒的なモノの前では雑念も消えて、トリップしちゃう感じ。25周年を迎えた彼らのライブを是非!機会があったら観にいって体感してみてください!動画があったので、ちょっと見てください
鼓童:http://www.kodo.or.jp/images/video/videoplay.html

CCレモンホールって、渋谷公会堂のことなんだね。いつの間にか変わってた。
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/21(金) 22:35)

 素敵なアルバム

「Summer Clouds,Summer Rain」畠山美由紀
このアツい夏を確実に2℃温度を下げます!
ポートオブノーツの畠山さんの歌声とノラ・ジョーンズの”Dont't Know Why"ジェシー・ハリスのギター一本というシンプルなアルバム。美しすぎる畠山さんの歌声には、いつもながら心がやすまる。

いいっすね~~~~いいアルバムですよ。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/08/09(木) 22:00)

 天才・細野晴臣


最近のボクのヘビーローテーションしているのが、この細野晴臣トリビュート・アルバムです。
実はボクはYMOにハマッてから解散後、坂本教授ばかり聞いていて、細野さんって以外にはっぴぃえんどや解散後の音楽を聞いたことがなかったんです。でも、このトリビュートを聞いて「風の谷のナウシカ」「ハイスクールララバイ」「風をあつめて」も細野さんだった事を始めて知りました。言うまでもないですが、やはりこの細野さんって天才ですね。
このアルバムの参加メンバーも、高橋さん、矢野顕子、コーネリアス+坂本龍一、レイハラカミ、畠山美由紀!、カヒミ・カリィと大人なメンバー。リトル・クリーチャーズの「ハイスクールララバイ」なんて、イモキン・トリオがこんなに大人な音になるなんて、ビックリ演奏ですよ。
大人なアルバム。素敵の一言!

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/06/30(土) 22:43)

 レコジャケ


某所2丁目のポスターでは御座いません。
KOOPという2人組で北欧ジャズ、フューチャージャズあたりのレコードです。ただジャケットが余りに酷すぎてアップにしなかったのですが、でも!これ。。。。
じゃ~出すなっ!!ってお怒りは分かりますが、敢えてご紹介をと。KOOPって前回のアルバムジャケもこんなのです。普通~は買いません。
でも!でもなんです。ジャイルスピーターソンや須永辰緒といったDJの大推薦なんです。勿論、実際の音については、も~言うコトなしの美しいとしか表現できない音です。
ジャケットのアートワークと中身は一致するというボクの持論を覆すレコードです。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/04/01(日) 12:08)

 君に胸キュン。


「WEEKEND SHUFFLE」土岐麻子
ボクが小学4年生の時に、友達の家でそいつの兄貴が聞いていたレコードにボクに稲妻が走った思い出。それまでに聞いたこともない音楽、それがYMOでした。それ以来、周りの友達が松●聖子・キョン●ョンといったアイドルに夢中なのをよそに、ボクはYMO・山下達郎・EPO・シュガーベイブ・大貫妙子といったニューウェイブの音に夢中でした。
そんな音楽郡のカバーを、土岐麻子さんがやってしまったら、CD買ってしまいますよ。
1曲目の「君に胸キュン。」でキュンってなる人はどれくらいいるんだろうな~。
きっと多いはずだと思うんだけど。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/17(日) 20:01)

 「SENSUOUS」 Cornelius


天才としかいいようがないですねコーネリアスこと小山田くんは。
前作「POINT」からの継続した感じのアルバム。久しぶりに小山田くんの声も結構はいっていて嬉しい限り。音も立体感があるような。
何が天才かって、もう普通ではこのメロディっていうか、この音と音の繋がりは考えられないでしょ~。1つ1つのが心地いいんですよ。前作同様、聞けば聞くほど新しい音に出会えて奥が深くて、間違いなくボクの人生マスト・アルバムですね。

兎に角、気持ちいいに癒されます!!

音楽の更新が全然してませんが、相変わらずレコードを買ってます。

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/11/16(木) 20:48)

 ジャズレコード
最近、ジャズばかりのレコード巡り。
今月も定番ジャズばかり。意外と聞いてないものが多く、これからもジャズの定番モノを聞いていこうと思った。だって定番だけあって良いんですよね。
で、こんな感じに・・・・

「MARK MURPHY IN MIDNIGHT MOOD」

どシブのボーカル、マーク・マーフィー。しかもバックには、クラーク~ボランにサヒブ・シハブっ!!!素敵なメンバーで渋く決めてます。





「THE RIGHT TOUCH」 DUKE PEASON

ボクの大スキなピアニスト。これは踊れるジャズの定番アルバムです。これはRVG刻印が入ってるレコードを買ったので気持ち音がいい気もする。それを抜きにしてもいい曲ばかり!




「TENDER FEELIN'S」 DUKE PEASON

続いてもデューク・ピアソン。これはブルーノート初期の大定番。トリオ編成の美し過ぎるピアノです。ボクの夜の定番になりました。ジェケもいかにもブルーノートらしくてスキです。




「BUTTERCUP/1974」 jukka eskola

言わずと知れたファイブ・コーナーズのトランペット奏者のユッカ・エスコーラ。何処か影のある音色はフィンランドならでは??そういえば、明日はブルーノート東京でライブだな~。訳ありでキャンセルしたけど、スゴイんだろうな~。行きたかったな~。



「INNER URE」 JOE HENDERSON

スピリチュアルなジャズ。バックにはマッコイ・タイナーにエルヴィン・ジョーンズとまさにコルトレーンのバックの方達。ジャケがまたいいんですよっ!!!これって分かりずらいと思うけど、カッコいいです。




「A NIHT AT THE BLACKHAWK」
CAL TJADER


ジャケ買い!なんとも愛嬌のある兵士のオジさん。カル・ジェイダーのヴィブラフォンがあまりフューチャーされてないような。。。でも、ジャケがいいので。。




「at the living room」 MARKO dI MARKO

スゴイっ!!!!
美しいメロディのピアノあり、ボッサありの何でも弾けるマルコ。しかも1973年とは思えないほど、今聞いても時代を感じない音。本当に凄い人っているんですよね~。
DMRの値札つきで、貼ったままも味があるかな?
音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/02/18(土) 16:50)

 年末最後のレコード買い
今年も、あとすこしですね。
今年も、いろいろなレコードに巡り会えました。
来年も、いいレコードに出会えますようにっ!!!
では、今年最後のレコード紹介!

「late spot at Scott's」 Tubby Hayes
激ヤバ、リイシュー!!!!終に出ましたね。(原盤は7・8万はする)
61年ロンドンのロニースコットクラブでの伝説のライブ音源。噂には聞いてたけど、本当に、どバップ・ど直球のカッコいい演奏。トランペットのジミー・デューカーもカッコ良くてシビれました。



「DOWN IN THE VILLAGE」 Tubby Hayes
続いても上の同日ライブを収録。なんで、同じコメントなんですが、しかし表題曲の”DOWN IN THE VILLAGE"は、どカッコいいっすね~~。しかも、よく考えるとタビーヘイズはサックス吹いてないんですよね、この曲って。ヴァイブを叩いちゃってます。多才な人っすね。こんないい演奏すれば、ヤァァーーーー!!って叫んじゃいますよね。


「The Funky Organization」 Henry Cain
男気溢れる、オルガン・モッズジャズ。
このアルバムは、”I'm On My Way"に限りますね。も~~秒殺曲です。ねっとりとしたオルガンにバックにホーンセッションは、ヤラれます。
レコード番長須永氏もオススメのレコード。激安でした。



「SWEET」 BLOSSOM DEARIE
この人ってキュートってイメージがあるけど、このライブ音源のアルバムは、しっかりしたジャズボーカルを楽しめるアルバム。この人がスキで結構アルバムを持っているけど、このアルバムが一番スキかも!?
ライブ音源らしく、客とのやり取りなんかも聞けて、楽しいアルバムです。曲中に拍手が入ってしまい、待って待って!なんて声もあって、臨場感があって、そこに自分が居るような気がしますよ。

「NOVA BOSSA NOVA」 MARCOS VALLE
ボサノヴァ生ける伝説のマルコス・ヴァーリの近年作モノ。この人のは、どれも質の高いものが多く、これもその一つ。現在も進化し続けるボサノヴァです。






「complain too much」 Port of Notes
勿CDでは持ってました。でもアナログ盤を探していてやっと手に入れました。これはファーストプレスのレア盤です。オークションで格安で落札。これは今でもCDが擦り切れる程?ヘビーローテーション物。大 大 大スキです。ポートオブノーツ。ライブも何度か行って鳥肌物の畠山嬢に歌声にヤラれてます。素敵っす。



そして!そして最後の締めはAKIKO嬢っ!!!!!

「LITTLE MISS JAZZ&JIVE」 akiko
年末・年始にピッタシな底抜けハッピージャズ!!
才色兼備なakiko嬢、プロデューサーに小西康陽氏を迎えてのジャイブ&ジャズ。悪いはずがありません。"I WANT YOU TO BE MY BABY"のキュートで色っぽい声には降参です。。。








音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2005/12/29(木) 17:48)

次のページ
最近のエントリー

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(07/07)
何方かコイツを知りませんか?(06/17)
オリジナリティ溢れるソフト(06/15)
「旅は、人を幸せにするのか?」(06/03)
”おいしい葡萄の旅”(05/28)
スパイスボーイズ(05/20)
初の体育祭(05/17)
ジャングル部屋(05/12)
お米(05/07)
オーストラリア産(05/07)
「暗殺教室」(04/07)
旅 宮島 (03/30)
「地平線の相談」(03/30)
「かくかくしかじか」(03/30)
「イミテーション・ゲーム」(03/20)


最近のコメント

かぴさん:(03/03)
まゆみ:相互リンク(01/23)
マサト:Re: タイトルなし(12/07)


最近のトラックバック

おまとめブログサーチ:【ハンニバル】についてブログでの検索結果から見ると…(06/01)
Newsエンタメ/デジタル: 南沢奈央は体育会系?初写真集で元気いっぱいスポーツに挑戦(11/05)
サッカーFC事典:(10/02)


Copyright © 2004 Happy Slow Life. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア